<デントールブラシの使い方>

1.デントールブラシ

 ノズルの先端部分から一束のブラシがパルス水流とともに飛び出し、1秒間に約30回振動 (ピストン運動)します。ストロークは約7mm(特別仕様は9〜10mm)です。



2.使い方
 下の写真のような角度(45〜60度くらいが適当)でブラシを歯面に当てます。ブラシは歯面に沿 うようにして歯周ポケット内に入っていきます。ですからブラシは直接患部に当てるのではなく、歯と歯茎の 境目より少し上に当たるようにしてお使いください。
 もちろん、内側でも奥歯、上歯でも簡単にお使い頂けます。

左上:歯槽膿漏に罹患した歯の模型です。
右上:ノズル筒先を歯茎の近くの歯面に軽く当てて使います。
左下:ブラシの毛先を歯茎の境目より少し上の歯面に斜めに当て、ブラシをポケットにすべり込ませます。
右下:ブラシの毛先が歯周ポケットの底に届くようにします。

3.使用時の姿勢

歯槽膿漏用・電動歯ブラシ