<歯を抜かないために>

歯周病はどのような病気なのか、治すためにはどうすればよいか。
1.患部を洗浄する
歯周病とは歯と歯茎の間にできる歯周ポケット内部に歯周病菌が繁殖することで起こる歯茎の病気です。 つまり、この菌の除去ができれば治癒に向かうはずなのですが、ここから菌を除去することは非常に困難です。 歯周ポケット内部の「患部にブラシが届かない」 からです。
通常、怪我をした場合には患部をきれいに洗い流し、消毒します。放置すると雑菌が 繁殖し、膿んでくるからです。
歯周病もこれと同じなのです。歯周ポケットの奥の患部にブラシが 届かないため、歯周病菌がどんどんと繁殖し、膿んでくるわけです。

2.患部を酸素に触れさせる
患部をブラッシング、洗浄し、物理的な刺激により歯垢を除去することはとても大切ですが、 もう一つ大切なことがあります。それは歯周ポケット内部に空気を送り込むことです。 歯周病菌は嫌気性の菌ですから患部を空気(酸素)にさらすことで殺菌効果 が得られるのです。
従来の口腔洗浄器では歯周ポケットが歯肉に覆われているので、患部に水がとどかなかったのですが、デントールブラシを使えばブラシが患部まで水を導くので、水に溶けている酸素によって菌の繁殖を抑えることができます。
3.患部の血行を促進する
さらに患部のマッサージが大切です。血行が悪くなることが歯槽骨 (歯茎を構成する骨)の溶解を引き起こし、これが最終的に歯茎の後退(歯茎がやせること)につながります。


歯周病が治らないとされているのは、以上の3点を実行する手段がなかったということが大きな原因だと言えます。 しかしデントールブラシ「デントール」はブラシの駆動と振動方向に新方式を採用 することにより、この3点すべてを可能にしました。明日、歯を抜く予約をしているという方、 まだ間に合います!その予約を1ヶ月延期してください。入れ歯は一生必要なくなるはずです。

歯槽膿漏用・電動歯ブラシ