<奥歯とアルツハイマー>

朝日新聞(2013年7月4日)より


 広島大赤川名誉教授らは、マウスの実験で、奥歯を失うとアルツハイマー病が悪化することを突き止めた。

 遺伝子操作でアルツハイマー病を発症させたマウスに、暗い部屋に入ると電気ショックを受けることを覚えさせてから、左右の奥歯6本を抜いたマウスと抜かないマウスに分けて、4ヵ月後に調べると、歯を残した方は7匹全てが暗い部屋に入らなかったが、抜いた方は7匹中6匹が入った。

 どちらのマウスも、アルツハイマーの原因とされているアミロイドβの脳内蓄積に差はなかったが、記憶をつかさどる海馬の細胞数は、歯を抜いた方が少なかった。

 赤川教授は「噛むことによる脳への刺激や血流量が影響しているのではないか」と話している。

電動歯ブラシ・デントール