<歯周病と心筋梗塞の関係>

読売新聞 2003年1月21日より


 歯周病が心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞の危険性と関係があるというデータを米ハーバード大の 研究者らがまとめ、米心臓協会の専門誌「ストローク」(電子版)で発表した。

 歯が抜ける原因はさまざまだが、歯周病もその一つ。歯周病菌は動脈硬化の悪化に関与しているとの 報告も最近増えており、心筋梗塞や脳梗塞の危険を高めている可能性がある。

 そこで研究チームは、冠動脈疾患や糖尿病にかかっていない40−75歳の健康な男性約4万人を 12年間にわたり調査し、歯の本数(通常は32本)と病気の関係を分析した。

 この間、349人が脳梗塞になったが、歯が25本未満の人たちは、25本以上残っている人たちより 脳梗塞になる危険が約1・6倍高かった。この数値は喫煙や肥満,飲酒など、脳梗塞を起こすほかの 危険因子に個人差があるのを考慮したうえで算出されている。

電動歯ブラシ・デントール